Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車に対する意識が変わってきている


株式会社ガリバー
ガリバー自動車研究所より
フレッシュマン調査


いまの20代と、30代後半~40代以上の方々とでは、
圧倒的に価値観が違うものの1つとして挙げられるのが、車ではないだろうか。


車が欲しいと思う若者が年々減り続けている。


それは、これまでの年代の方々と比べて、
時代的に車を所持すること自体が難しいのがもっとも大きな原因では
ないだろうか。

都心にでれば、止める場所もない。

さんざん探してみつけた駐車場は10分100円。

路上駐車しようものならものの5分で違法駐車として罰金加点。

都心はいつも渋滞。

なにより、ガソリン代は数年前に比べて50円くらいUP。


どうでしょうかね。


また今度書きます。

就職基準、大学生の安定志向高まる

 就職する企業の選択基準について、「給与や福利厚生など待遇が良いこと」をあげる人が増えるなど、大学生の安定志向が高まっていることが分かりました。

 リクルートが来年の春に卒業予定の大学生と大学院生を対象に行ったアンケート調査によりますと、就職する企業を選択する際に重視する点として、「自分を大きく成長させることができる」が最も多くなりました。

 ただ、安定志向を映し、「給与・福利厚生など待遇が良い」「雇用が安定している」という項目を重視する割合が、前の年に比べて増えています。(17日20:09) ]

就職基準、大学生の安定志向高まる

ペルソナQ&Aその1 ペルソナにマッチしないユーザー/ペルソナの有効期限

ペルソナ法
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2008/04/10/2958

アルバイトに関する実態調査

アルバイト、現在しているのは大学生62%、高校生26%、
現在、アルバイトをしているかどうかを聞いたところ、高校生では、「定期的にしている」が18.9%、「単発でしている」7.3%で合わせて26.2%がアルバイトをしているという結果だった。男女間における差はほとんどない。大学生・専門学校生では、「定期的にしている」42.9%、「単発でしている」18.9%で、61.8%がアルバイトをしている現状が明らかとなっている

追記を表示

【Japan.Internet.com】の調査によると、携帯電話を持つ大学生のうち、その電話料金を自分で支払わずに親が負担している割合は6割強に達することが明らかになった。また、携帯電話そのものは小学校高学年から持たせているとの結果も出たようだ。

追記を表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。