Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ippologdata.blog70.fc2.com/tb.php/9-255f4358
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

首都圏大学生の仕送り額過去最低に

東京地区私立大学教職員組合連合会(東京私大教連・東京都新宿区)は首都圏の私立大学生の仕送り額などについての調査結果を発表した。

 この調査は、日本大学や明治大学など1都4県にある17の私立大学・短期大学に2007年に入学した新入生の家庭を対象に行ったもので今回で23回目となる。

 それによれば平均仕送り額(入学直後の出費が落ち着く6月の額)は9万5900円で昨年の9万9200円を下回り、過去最低を記録した。6月の平均仕送り額が最高だった1994年の13万4900円からは2割以上のマイナスとなっている。

 一方、毎月の家賃の平均は、07年は5万9200円。昨年の6万1000円より若干下落している。

 仕送り額に占める家賃の割合は61・7%と過去最高を更新。このため、仕送り額から家賃を除いた生活費の額は3万6700円と過去最低となっている。 96年には、学生の生活費は月6万8000円だったことを考えると、10年強の間に学生の月あたりの可処分所得は3万円以上減った計算になる。

 父兄のうち奨学金を希望するのは全体で63・2%となっており、これも過去最高。希望者のうち、実際に申請をした人の割合は61・0%と初めて60%を突破した。また、自宅通学の学生に限定しても奨学金の申請割合は54・2%と過去最高となっている。

 このように、父兄にとって大学の学費・仕送りは経済的に大きな負担となっていることがうかがえる。また、学生側は生活費の減少のため、アルバイトが必須となっている。こういった点は、学生の物件選びにも大きな影響を与えることになりそうだ。(3月24日号)

首都圏大学生の仕送り額過去最低に
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ippologdata.blog70.fc2.com/tb.php/9-255f4358
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。