Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

革かばんに夢詰めて  大学生と職人コラボ

東京の職人の技が光る革のかばん製造、販売に、慶応大生が会社をつくって乗り出した。目指すのは、100年を超えて続く老舗ブランド。現在はインターネットでの通信販売が中心だが、丁寧な仕上がりが評価され、幅広い年代にファンが広がっている。
スポンサーサイト

大学生、農業に熱視線 「田舎で働き隊!」説明会に殺到

世界金融危機の影響で、「内定切り」が相次ぐなど就職活動が厳しくなっている大学生の間で、農業に熱い視線が集まり始めている。農林水産省が旗振り役となって都市部から農山漁村に人材を派遣する「田舎で働き隊!」の説明会が始まっているが、募集定員を超える参加希望者が殺到。その半数を大学生が占めているという。

 雇用環境が悪化する都市部と、人手不足が続く農山漁村部-。この雇用のミスマッチを解消しようと、農水省が平成20年度から始めたのが「田舎で働き隊!」事業。都会の人々に、農業や漁業の仕事に実際に携わる体験研修に参加してもらい、日々の仕事や地域コミュニティーになじむことで就労の可能性を広げるのが狙いだ。

 麻生太郎首相が打ち出した緊急経済対策に盛り込まれ、20年度補正予算と21年度予算案で計12億円を計上。研修事業自体は、NPO法人や民間企業に委託し、すでに説明会が始まっている。

 京都府京丹後市など全国7府県13カ所で研修を予定する「アミタ持続可能経済研究所」(東京都千代田区)の説明会には、派遣人員の定員85人を超える約200人が応募するほどの盛況ぶり。しかも、その半数にあたる約100人が大学や大学院の在学生だ。

 2月上旬に東京で開かれた説明会には、約40人が参加。横浜市の大学3年生の女子学生は「農学部生だが、農業の実習は大学の施設でやるだけなので、実際の農家に行ってみたい」と意欲的に話した。

 同研究所の唐鎌真一社長は「学生をはじめ、主婦や社会人からの応募も多く、農業に対する関心が高まっていると感じた」と語った。

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090216/trd0902162040014-n1.htm

内定取り消された大学生や高校生、1574人に

厚生労働省は27日、昨年10月から今年3月に職を失う非正社員の数が15万7806人にのぼる見込みだと発表した。また、今春の就職予定者のうち内定を取り消された大学生や高校生は1574人で、いずれも、先月の発表時に比べて2割以上増えた。

 一方、昨年10月から今年3月までに失職する見込みの正社員は、100人以上が離職する事業所の集計だけで9973人にのぼり、先月時点の6528人から3千人以上増えた。業種別では製造業が3760人、卸・小売業が2195人、運輸業が713人、その他が3305人だった。

 職を失う非正社員の内訳は、派遣が10万7375人と7割近くを占め、期間従業員など契約社員が2万8877人、請負が1万2988人など。業種別では、製造業が97%を占めた。

 全体のうち、契約期間中の中途解除や解雇が41%にのぼり、期間満了による雇い止めは50%だった。特に、派遣では中途解除が47%にのぼり、雇い止めの45%を上回った。

 内定を取り消されたのは、大学・短大生らが1280人で、高校生が294人だった。業種別では製造業が332人と最も多く、不動産(293人)、サービス業(266人)が続いた。取り消しの理由は、経営の悪化が1037人で、企業の倒産が520人だった。(林恒樹、生田大介)


http://www.asahi.com/job/syuukatu/news/OSK200902270038.html

大学生企画、屋台やフリマ盛況--徳島 /徳島

徳島大や四国大を今春卒業する学生らが企画したイベント「特大!十八番(おはこ)丼」が1日、徳島市の両国橋周辺で開かれた。屋台やフリーマーケットが並び、大勢の人でにぎわった。

 商店街のボランティア活動を通じて街おこしに興味を持った学生が恩返しの意味を込めて開催。献血や骨髄バンクの登録呼び掛けなどがあり、県マスコット「すだちくん」も応援に駆けつけた。

 発案した徳島大総合科学部4年の新納由花さん(22)と若田尚里さん(22)は「準備を進めるうちに協力者がどんどん増えた。広がった人の輪が今後につながれば」と話していた。【岸川弘明】

http://mainichi.jp/area/tokushima/news/20090302ddlk36040344000c.html

ノーベル賞学者と「キャンプ」=高3と大学生30人募集

高エネルギー加速器研究機構の小林誠名誉教授ら、物理・化学分野のノーベル賞学者から直接指導を受けられる「アジアサイエンスキャンプ(ASC)」が8月2日から1週間、茨城県つくば市で開かれることになり、高エネ研と平成基礎科学財団、東大素粒子物理国際研究センターが参加者の募集を始めた。対象は英語で議論できる高校・高専3年生以上と大学生で、約30人。書類を5月8日(必着)まで受け付ける。
 ASCは、同財団理事長で2002年にノーベル物理学賞を受けた小柴昌俊東大名誉教授らが提唱。07年に台湾、昨年はインドネシアで開かれ、今回が3回目。日本の受賞学者では小林、小柴両博士のほか、江崎玲於奈、野依良治、田中耕一各博士が講師を務める。会場はエポカルつくば(つくば国際会議場)で、アジア各地の学生計約200人が講義を受けるほか、議論やポスター発表、研究所訪問などを行う。
 ASCのホームページはhttp://asc09.kek.jp/ja/。(2009/03/03-05:09)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009030300065
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。